趣味

2007年04月01日

パンダマトリョーシカ

パンダマトリョーシカってなんだかわかりますか?

私も最初聞いたとき、???でしたよ(笑)

実際に見たらわかりましたよ!かわいい!
ロシアの民芸品で、開けても開けても同じ人形が出てくるもの。
一度は見たことあるんじゃないかな。

マトリョーシカはロシアだけど、パンダマトリョーシカは横浜中華街のパンダ雑貨店で売ってるんです。
あ〜〜〜中国ね。

手作り感がすごくよくて、表情が愛らしくて、どこか脱力していて、ちょっとだけチープでいい感じ。

眞鍋かをりさんも彼女のブログで、ずっと欲しかったパンダのマトリョーシカ!という記事と写真をアップしてましたよ。


posted by 主婦の達人をめざして! at 11:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味
2007年03月08日

トールペイントとは

トール(tole)は フランス語でブリキ・金属の意味です。

ブリキ缶などに絵を描く手法がヨーロッパからアメリカに伝わりました。

ヨーロッパの伝統的装飾技法を土台にして、木、ブリキ、ガラス、陶器、布などあらゆる素材に絵を描くことを総称して“トールペイント”または “トールペインティング”と日本では呼んでいます。

トールペイントに必要なもの
○4〜6号平筆と2号くらいの丸筆、またはライナー。
○下地剤や、地塗り(ベースの色を塗る)のためのに、スポンジブラシ。
○絵の具はトール用の水性アクリル絵の具が最適です。
○ペイントの染み込みを防いだり乗りをよくしたり、仕上がったものの表面を保護するための地剤と仕上げ剤。
○パレットナイフ
○ペーパーパレット

あとは、図面を写すための転写紙、素材をつるつるにして描きやすくするためのサンドペーパーなどがあれば便利です。
この他にも道具はあるのですが、少しずつそろえていけばよいかと思います。

初心者向けのトールペイントの教室も各地にありますし、近所になくてもインターネットで初心者キットなどが手に入りますので、手作りする楽しさを感じてみてください!

posted by 主婦の達人をめざして! at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味
2007年03月06日

ステンドグラスとは

ステンドグラスとは、染められた(stained)ガラス(glass)を意味します。

色彩を施したガラスを切り、鉛で接合し絵画や模様などを組み立てて製作していきます。

ステンドグラスの起源は、はっきりとしていないのですが一説には古代ローマ時代までさかのぼると言われています。

当初は限られた建築物の装飾に用いられ、特に教会では字の読めない人の為に神の教えをわかりやすく表現する方法として、ステンドグラスはヨーロッパ各地に広まっていきました。
続きはこちら
posted by 主婦の達人をめざして! at 09:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。