ペット

2006年12月10日

ペットの病気のサイン

ペットが病気にかかっていないかどうかはどうやってチェックしますか?

ペットの様子を普段から把握していることが早期発見につながります。
ペットは、痛みや苦しみを言葉で伝えることは出来ないので、飼い主さんがわかってあげなければいけません。

ペットの病気をを見分けるチェック項目として、目、耳、鼻、口の中や歯の状態、毛の状態、食欲、散歩時の状態、体重、便や尿の様子などです。

またいつも以上に水をよく飲んだり、泣き声が変わったとか、いつもより元気がないといったことも病気のサインの一つです。



続きはこちら
posted by 主婦の達人をめざして! at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | ペット
2006年12月09日

ペットの病気予防

ペットを病気から予防するのは飼い主にとっては当然です。

ペットを飼い始めたらまずは病気がないか、動物病院で健康診断をしてもらいましょう。

健康診断も兼ねて動物病院を決めておくことは大切です。
ペットによっては予防注射をしないといけないこともありますので、
かかりつけの動物病院を決めましょう。

ペットの具合が悪くなっても気が付かないようでは困ります。
普段から健康状態をチェックしておきましょう。

いつもより元気がない、お腹をこわしている、など日常から様子を把握していればペットの病気のサインもわかりやすいです。

ただかわいいからという理由で飼うのではなく、飼う以上は責任を持って最期まで面倒をみてくださいねかわいい

posted by 主婦の達人をめざして! at 00:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | ペット
2006年11月09日

犬の健康

大切な家族である健康であるために飼い主が気をつけてあげることがいくつかあります。

犬の病気には、発症すると必ず死亡するという狂犬病や、ジステンパーなどの伝染病をはじめ、さまざまなものがあります。

大事なペットである犬を病気から守るためには何といっても予防接種です。
特に、狂犬病の予防接種は、毎年一度受けることが法律で義務づけられています。

犬の市町村への登録が済んでいれば、予防接種の通知が来ますので、犬を病気から守るために必ず受けましょう。

人間と同じくかかりつけの動物病院があると、定期的に健康診断をすることも出来ますので、犬の病気の早期発見もできます。

ペットが健康でいてくれるのが一番ですが、もしも病気やけがをしてしまったとき、動物病院でかかる費用は結構高いのです。
病気をして動物病院にかかると、数万円かかることも珍しくありません。

自宅で愛犬の定期的な健康診断ができるキットをご存知でしょうか。
食事内容や運動量が気になっていたり、できる限り長生きしてほしいという方にぴったりです。

検査は尿容器に尿を少量採取、便容器に便を少量採取し郵送します。
検査では尿中の糖・たん白・潜血・PH・比重、便中の寄生虫を調べます。
手軽に郵送するだけで検査できるのがいいですね。

新発売!【わんわんチェッカー】 なかなか病院へ連れていけないワンちゃんに朗報です!



私達人間のパートナーであり、癒してくれたり時には励ましてくれたり、大切な家族にはずっと健康でいてもらいたいものです^^


>>犬のしつけに困ったら
posted by 主婦の達人をめざして! at 08:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペット
2006年09月16日

犬のしつけ方

☆犬のしつけ方

犬のしつけには、主なものとして、しつけ、食事のしつけ、散歩のしつけの3つがあります。

犬のしつけ方の基本:犬は上下関係のしっかりとした社会性なので、飼い主と犬との上下関係をさせ、飼い主のほうがリーダーだと犬に認識させることが大切です。

飼い主をリーダーと認識することが、その後のしつけもスムーズにいくポイント。

しつけの具体的な方法としては、何かが上手にできたときには、タイミングよくほめてあげ、いけないことをしたときには、言葉で叱ってあげることです。

感情的に怒るのは、犬に飼い主にマイナスです。
犬のしつけに使う言葉や、“どんなことをしたときに叱り、どんなことをしたらほめるのか”という家族全員が統一しておく必要があります。

いけないことをした時に、名前で叱ると、かわいがられるときにも普段から名前で呼ばれているため、混乱をしてしまいますので名前で叱るのは避けましょうね。



>>犬のしつけに困ったら
posted by 主婦の達人をめざして! at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペット
2006年09月14日

犬のしつけ

犬のしつけは、家族として暮らしていくうえで欠かせないものです。

しつけを早いうちからきちんとしておくことは大切です。

しつけの基本は、飼い主をリーダーだと認識させること。

そのうえで、何かが上手にできたときにはほめてあげ、
いけないことをしたときには、短く覚えやすい言葉で叱るようにしましょう。

しつけには、主なものとして、食事、散歩のしつけがあります。

根気よく、愛情を持って行なえば、犬もきちんと理解し、犬は従うようになります。

しつけに使う言葉や、「どういうときに叱ってどういうときにほめるのか」というのは、犬が覚えやすいように、家族全員で統一しておきましょう。


>>犬のしつけに困ったら
posted by 主婦の達人をめざして! at 14:48 | Comment(1) | TrackBack(0) | ペット
2006年09月07日

ペットの健康保険

ペットを飼っていると、病気をすることも当然あります。

我が家にも猫が2匹いて、もう13歳なので健康管理には
気を遣っています。

我が家のペット、ネコのタラちゃんは、巨大結腸症という病気です。

骨盤の幅よりもウンチが大きくなってしまって排便に苦しむという症状です。

高齢なので手術は出来ないため、食事療法やマッサージなどをして
家族一丸でガンバレ〜〜〜と排便時には応援してます。

今のところは日常生活は問題なく過ごせているので大丈夫なのですが
いざ入院!となったら、治療費はどうなるのだろう・・・とふと気になりました。

ちょっと調べたらペットが入院・手術となると大変なんですね!びっくりしました

そんな中で知ったのですが、ペットにも保険があるんです。
これはありがたい!!

ペット保険があればいざ!というときにもホント安心です。
月々の掛け金もそんなに高くないのもありがたい!

ペットが健康でいてくれるのが一番のシアワセですよね。。


posted by 主婦の達人をめざして! at 11:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。