おいしいお茶のいれ方

2007年05月08日

おいしいお茶のいれ方


スポンサードリンク

お茶をおいしく飲みたい。
そんな方におすすめのおいしいお茶のいれ方をご紹介します。

まずは水から。お茶にはミネラル・ウォーター(軟水)を使いましょう。
もしミネラルウォーターがなければ浄水器を通した水道水を沸騰させて、カルキ抜きをしておきます。

美味しいお茶の入れ方のポイントは、「お湯の温度」にあります。煎茶の場合、80度〜90度、高級茶の場合は、70度程度の低温で入れると良いでしょう。

茶を入れるときには、ポットから急須に熱湯を直接注ぐのではなくて、まずは、人数分の湯飲みにお湯を8分目ほど入れて、80度前後にまで冷ましましょう。

冷ましたお湯を、お茶の葉を入れた急須に戻し、1分〜2分ほど煮だしたら完成です。
ここで急須を揺すらすと苦味が出ますので揺らさないようにしてください。

1〜2分経ったら、茶の濃さと量が同じくらいになるように、人数分の湯飲みに少しずつ均等に注いでいきます。


おいしいお茶をいれるには、あわてないことが大切です!
posted by 主婦の達人をめざして! at 06:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活※健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。