お茶の種類

2007年05月07日

お茶の種類


スポンサードリンク

お茶といっても日本だけでなく、世界中でさまざまな種類が栽培され、飲用されています。

お茶の種類にも、緑茶、紅茶、中国茶、漢方茶、などいろいろあります。

お茶を製造方法によって大きく分けると、発酵茶、不発酵茶、半発酵茶の3つに分けることができます。

○発酵茶:茶の葉を発酵させる「発酵茶」の代表的なものが紅茶です。完全発酵させるため、お茶の葉のカテキンやビタミンCは失われてしまいます。

○不発酵茶:お茶の葉を発酵させない「不発酵茶」の代表的なものは、日本の緑茶(煎茶、玉露、番茶、ほうじ茶、玄米茶等)です。茶葉中の成分を生かす製法で作られます。

○お茶の葉を蒸した後で、カビや乳酸菌等で発酵させるという「発酵茶」と「不発酵茶」中間にあたるもの。代表的なお茶は
ウーロン茶、プーアル茶、黒茶などです。

このように、お茶の種類はさまざまで、味や効能も違います。
好みのお茶をみつけるのも楽しいですよ^^
posted by 主婦の達人をめざして! at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活※健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。