おせち料理:それぞれの意味

2006年12月16日

おせち料理:それぞれの意味


スポンサードリンク

年明け一番に日本人が食べるおせち料理には、見た目や語呂合わせで、無病息災と子孫繁栄を願う人々の願いが込められています。

伝統的なおせち料理に込められた意味をご紹介しますね!


☆黒豆・・・まめ(マメ)に暮らせるようにとの願いから。黒は邪気を払うとの意味があるそうで、みんなの健康を願う意味があります。

☆数の子・・・たくさんの卵が一つにまとまっています。子孫繁栄の意味があります。

☆田作り・・・豊年・豊作を祈願します。ごまめと呼ぶ場合には、まめ(健康)に暮せるようにとの意味もあります。

☆昆布・・・よろこぶの意味があります。縁起物です。

☆鯛・・・めでたいの語呂合わせです。縁起物でお祝い事には欠かせません。

☆海老・・・ヒゲが伸びて、腰が曲がっているところを老人にたとえて、長寿の願いがこめられています。

☆くわい・・・くわいには芽が出ているので、そこから「芽が出る」の願いを込めて縁起物とされています。

☆橙(だいだい)・・・代々の語呂合わせです。代々子孫繁栄しますようにと願いを込めて。

☆里芋・・・里芋にはたくさんの小芋が付きます。子宝に恵まれますようにとの願いからです。

☆八つ頭(やつがしら)・・・里芋とよく似ているのですが、八つ頭は人の上に立つようにとの意味があります。

☆紅白なます・・・赤と白のおめでたい色から縁起をかついで。箸休めにもなりますよね。

☆栗きんとん・・・見た目を黄金にたとえて、お金持ちになるようにとの願いからです。

☆お多福豆・・・福が来て、まめに暮らせますようにという意味です。

子供の頃から当たり前のようにお正月のテーブルに並んでいるおせち料理ですが、一つ一つに込められた願いや意味までは知らないものですよね。

子供にしてみれば、なんでこんな料理がいつも並ぶんだろう??と疑問に思うはずです。

日本の伝統食である、おせち料理の意味を知るのもいい機会ですね。
posted by 主婦の達人をめざして! at 07:10 | Comment(3) | TrackBack(1) | おせち料理
この記事へのコメント
冬休みの宿題に役立ちました。
どうもありがとうございます。
Posted by ともっち at 2007年12月27日 16:23
冬休みの宿題で衣食住の琴についての
宿題でとても参考になったし、
初めて知ったこともあったので
良かったデス!!有難う御座いました。
Posted by ショウロク at 2009年12月26日 12:16
「くわい」の意味が分からなくて宿題が出来ないでいたので助かりました!!
ありがとうございました☆
主婦の達人目指して頑張ってください♪
Posted by ありす at 2012年01月07日 12:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

今年の漢字「命」
Excerpt: 昨日、発表された今年の漢字は「命」でした。
Weblog: 酔語酔吟 夢がたり
Tracked: 2006-12-16 15:55
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。