トランス脂肪酸をNY市が禁止

2006年12月07日

トランス脂肪酸をNY市が禁止


スポンサードリンク

肥満や心臓病との関連が指摘されている「トランス脂肪酸」の含有量が多い調理油や食材を、ニューヨーク市内のすべてのレストランやファストフード店で原則的に使用禁止にすることを決めたそうです。

トランス脂肪酸の含有量が多い油を使用しているのは、マクドナルドなど大手外食チェーンも対象で、違反業者には罰金が科せられます。

外食産業大手はすでに欧米や日本で大豆油など代替油に切り替える対応を始めていますが、日本にも影響がありそうですね。

メタボリック予防は内臓脂肪がカギ!

トランス脂肪酸は加工処理した植物油やマーガリンなどに多く含まれています。

摂取すると血液内の悪玉コレステロール値を上昇させ、心筋梗塞(こうそく)など心臓病のリスクを高めると指摘されています。

日本では今のところ「日本人の脂質の摂取量は少ないので、健康上問題になるとは考えていない」ということですが、日本ケンタッキーフライドチキンは10月から全店で、トランス脂肪酸の含有量を半減させた調理油に切り替えたそうです。

デンマークは04年からすべての食品で含有率を2%以下に制限しているそうで、こういうことに関しては日本はいつも対応が遅い気がします。

posted by 主婦の達人をめざして! at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 生活習慣病
この記事へのコメント
「トランス酸」のこともっとたくさんの人に気にしてほしいです。 法律に引っかからないものを選ぶのではなく本当の意味でのお客様第一主義の飲食店が増えることを願っています。
主婦の皆さんは家族のためにぜひ賢い買い物をしてほしいです。
Posted by 和伊菜 at 2006年12月08日 15:03
和伊菜 さま。
ご訪問ありがとうございました。

主婦は安全性も大事とは思うのですが、何よりも安いというのに弱いものです。

まだまだ恐ろしいことを知らずに食卓に並んでいるものもたくさんあると思います。

コスト優先ではなくてお客様第一の店が増えてくれるとほんといいなと思います。
Posted by 主婦の達人をめざして!ayurin at 2006年12月08日 15:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。