特定保健用食品とは

2006年11月19日

特定保健用食品とは


スポンサードリンク

食品の中で最近よく聞く特定保健用食品(通称「トクホ」)をご存知ですか。

tokuho150.gif

このマークを見たことあると思います。


特定保健用食品とは、カラダの生理学的機能等に影響を与える成分を含んでいて、特定の保健の目的(血中コレステロールを正常化する、ミネラルの吸収を助けるなど)が期待できることを表示できる食品のことをいい、トクホの制度は1991年に発足しました。

薬ではないけれど、血中コレステロール値を正常化したりすることに期待が出来ますよということですね。


特定保健用食品は有効性と安全性について科学的な根拠、つまり動物やヒトなどへの試験で安全性の確認をして、審査後、厚生労働大臣の認可を受けた食品です。

認可を受けて初めて商品に特保のマークをつけてもいいことになっています。

特定保健用食品が登場した背景には、生活習慣病の増加があって、それは大人だけではなく子供にも生活習慣病が増えてきているからです。

生活習慣病の原因として、偏った食事にあるといわれています。
そこで、生活習慣病のリスクの低減・除去に役立つように工夫された、特定保健用食品が登場したのです。



posted by 主婦の達人をめざして! at 02:34 | Comment(0) | TrackBack(1) | 生活※健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

『特定保健用食品 イサゴール青りんご味』 厚生省許可のサイリウムハスクでお腹スッキリ!
Excerpt: 「イサゴール青りんご味」は、おなかの中で40倍に膨らむ天然食物繊維食品。 血清コレステロールを低下させ、おなかの調子を整える厚生省許可の「特定保健用食品」です。 ■..
Weblog: ‘This & That’ キレイ館
Tracked: 2006-11-19 12:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。